CURRENT MOON
moon phase
2008/02/17
● ちょっと反省、昨日の日記から映像を取り消しました。
昨日、私が思い出のフィギュアスケートの映像をYouTubeから貼り付けをここへしてみたが、どうも落ち着かなくなり腑に落ちない。

著作権や肖像権、細かいことはよくわからないけれど、
それからYouTubeに対して何かあるわけでもないけれど、
なんだか自分で撮って公表の許可をもらっていない映像だから気になってきた。


昨日は、つい大勢がやってるから・・とか、あんまり素敵な映像だからって事で映像を貼り付けてしまったけれど、削除しました。


ああ、私ってばか、ごめんなさい。
私の気持ちにはそぐわない行動だった。



私は私が撮ったものを発表すればそれでいい。
お騒がせしてごめんなさい。


YouTubeの映像は、1人で鑑賞を楽しむだけにしておこうと思います。
2008/02/16
● フィギュアスケート
今日はフィギュアスケート、四大陸選手権。

実は、私、浅田真央ちゃんの熱烈ファン。

フィギュアスケートは元はパパが好きで、子供の頃からいつも一緒に見ていたからなんとなく自然と好きになった。

元々クラシック音楽は好きだからアレンジが素敵+選手の演技が素敵。で、美しい世界にどっぷり浸かる。今まで特に誰が好きって訳ではなかったけれど、2005年、東京で家も財布も寒ーーーーーーーい時代、彼は深夜まで仕事でいないから1人きり。


そんな時、ピンクの可愛い衣装を着たきらきら輝く女の子がくるくる回って滑っては、満々の笑みで決めのポーズ。

うわーーーーん、とにかく可愛い。感激した。
そしてとっても励まされた。

そして、初めてカメラを持って写真が撮れた嬉しさが思い出される。ただ純粋に嬉しくて楽しくてという始めたばかりの頃。

私は参った。もうーーーーー可愛いっ、私から見ると彼女は妖精にしか見えないっ。

そんな彼女ももう17歳。
影での苦労は想像を超えてすごいんだろうな、そしてプレッシャー、自分との戦い。

小心者の私は写真が一枚売れただけで、勝手に1人でプレッシャー、そんな小さなプレッシャーすら、首吊ってしまおうか、逃げちゃおうかってな感じだ。


美しいものの影には、いろいろなものがあるんだろう。

それでも、乗り越え乗り越えパーソナルベストを次々更新して、年齢のせいでトリノオリンピックは出られなかったものの他の数々の大会でメダルを取り今日の大会に至る。

この二年間でずいぶんと大人びて変わって成長している。

自分はどうなんでしょうね、ふと、反省もしたりして。

今日は優勝をしたものの、見ていてちょっと元気がなさそに見えたのが少し残念だったけど、ほぼノーミスで笑顔を見せてくれて嬉しさひとしお。

ああ、よかった。。
見ている私までプレッシャー。

そして、もう1人「よかった」と思う人がひとり。
ダンナ。
ダンナは、浅田真央ちゃんが優勝しないと私の機嫌が悪くなるのでよかったんだそうだ。


そりゃどうも失礼しました。



2005年のグランプリファイナルのショートプログラムとフリーの演技、浅田真央ちゃんの演技で私まで泣いてしまった。

伊藤みどりさんの暖かい解説も好きだ、
自分はテレビ見てるだけなんだけど自分も励まされてるような錯覚に陥る


辛い時期、夜1人の部屋で救われた演技。忘れられない演技の映像。(YouTubeで見られます)
2008/02/15
● 生チョコレート
なんかレシピの検索エンジンを見つけた、
http://cookpad.com/
(今頃?)って突っ込まれそうですが。

ま、それはさておき、生チョコレートの作り方を検索してみたところ簡単にできそうなレシピに感謝感激。

更に、できればもっと楽をして作りたいという私の勝手な行動によって思っていたよりとっても簡単にできてしまった、なんかあっけなかった。


でも美味しかったかな、てへへ。自分ではまあまあ。
うちのダンナはバレンタイン前にたまたま買ったお菓子がチョコレートだったので「俺はバレンタインはこれでいいや」などと言い、さもバレンタインデーのチョコレートなどどうでもいい風だった。

まあ、確かに長年一緒に暮らしていると、ありがたみも薄くなるのかな?なんか悲しいなあ、ねえ。

で、ま、とりあえず作りたかったのでバレンタインは過ぎていたけど関係なく作ってみたわけでした。


そこで私のもっと簡単なレシピを書いてみようー。

板チョコだろうがなんだろうがとりあえず好きなチョコレート200グラムをレンジでチン!
(とろーっとしたらおしまい)
生クリームもレンジでチン!(沸騰しない程度にね)
あとは二つを混ぜ混ぜ混ぜしてバットに入れて冷やすだけ。

お菓子用のココアパウダーは高いので、普通のココアをまぶして完成。
私でもできる超簡単レシピでした。
2008/02/14
● 予定変更で海
久しぶりに少し気温が上がった日。

2月に入ってからは忙し続きで疲れが出てきたのかしら?ちょっと調子がよくない。そんな時は気分もイマイチ。

浮腫んだ顔して友達と会う。
友達とは上海旅行へ行こうとかどうしようとか話しがあってとりあえずは、いつものお店に行って。


用件は話してあとは急遽「あー海みたいー」のひとことで本当はバレンタインの贈り物に生チョコレートを作ろうと思っていたけれど調子がよくなくて重い腰があがらないまんま。

はい、乗った乗ったーって、高速に乗り海へびゅーっと。
久しぶりに通る高速道路、ちょっと現実逃避っぽい。
そして普段では考えられない「高速道路という名の短縮時間をお金で買う。



トンネルを抜けると・・・「海!!!」


昨年12月に石垣島へ行く予定だったが、体調不良で断念していらい未だに海が見たい病。
そう昨夜も、いろいろなツアーや行き先を考えていてどうか南の島へ行かれますようにと寝る前にお願いをした。(誰にかはわからないけど、、多分神様っぽいものに)



わお、願いが叶ったよ!ただし「海」って所だけ(笑

海岸で波の音を聞いて、とんびの切ない鳴き声を聞いて
風の音。それだけで、いえ、それだけがとてもいい。
あとは海。

できることなら気が済むまで見ていたい。。


久しぶりの海、前日は冷たい風が強かったせいか、遠くにある大島や伊豆半島や丹沢の山々がくっきり見える。

そして見えるもので一番なのが「富士山」



なんでかなあ、不思議なんだけどね。
富士山が見えたというだけで、なんで嬉しくなっちゃうんだろう、うはは。すごく感激してしまう。

富士山を見ていると不思議な気持ちになる。

富士山は「霊山」と言うけれど、そんなせいなのかしら?


日本に憧れる行って見たい山は沢山あるが、何故か富士山だけは遠くからちらっと見えるだけで、なんか安心したり「うわ〜」とただ存在に感動したり様々な気持ちや感情が湧いてくる。


富士山って、不思議、富士山って不思議。
なんか富士山って言うだけで、嬉しいから不思議。
富士山って特別な感じが不思議だ。

海って以前は怖かった、山が好きで好きで気持ちが安らいだりわくわくしたり、でも、海は少し近寄りがたかった。

それが、ここ最近ずっとその海が恋しくてたまらない。

行って見ると海は優しくて優しくて涙は波がさらってくれそうで、とんびは上空を旋回しながら「悲しくても見守ってるよ」って鳴いてるみたいで、とんびも一緒に泣いてくれているみたいで、海は涙拭いてくれるハンカチみたいでママみたいだ。


今日は、海と富士山を午後の陽と共にたくさん堪能。
ここは立場上夕焼けまで居て撮りたいとは思うが、まあまた今度と言い聞かせて夕方には帰宅。


いい旅だった。とても小さな旅だったけど、ずいぶんと気持ちがすっきりした。
海で脳みそもハートもジャブジャブ洗いたいと思っていたけれど、感じていただけでなんだかすっきりした。


しかーーし、いいことだけじゃないんだな、あはは。
暖かいとはいえ真冬の海、、悲しいかな、冷たい海風と太陽で体力はどんどん消耗する。
家に帰ったとたん、夕食前だというのに、またしても晩御飯の支度も思い出せないほど寝てしまいました。とほほ。またしても、ダンナありがとう。


え、バレンタインのチョコレートつくりはまた明日ってことで(汗)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海の側も面白い。
港からきた魚が発泡スチロールで泳いでて、貝や海藻が近所のスーパーより数段安く売ってる。

ここはやっぱりお買い物(笑

友人はメカブ、大きなビニールにめいいっぱいで200円
(安すぎです)そしてひらめ一匹1200円。(これも安すぎ)主婦なら多分通じるかな?

ただし自分でおろさないと楽しさ半減なんだけど。


私は特大のハマグリ、うふ、焼きハマグリ大好きってことで、うしし。これが1個50円。これも安い。
そしてアサリが沢山、中くらいのボウルいっぱいで300円。

家に帰ってから砂を抜く。

そしてまた海の幸を生きたまんま買って来て、生きてる私が食べさせていただく。
なんという贅沢。

海から山から沢山の恵み、ありがとういろんな命。
それ以外にどんな贅沢があるだろう。



よーーーーーーく考えてみれば、ガソリン代だの高速代だのでいくら魚が安くても、結局近所の魚屋で買うのと同じくらいの値段になるのかもしれないが、鮮度がいいね、そして魚が私の口に入るまでのルートが短いのがいいね。

高い魚を買うなら、足代を使ってでも海の側にある漁協がやってる魚屋さんでわけてもらうのが楽しい。




海の恵みに感謝感謝。


PS,うーーーん、魚をおろす出刃包丁と刺身包丁がほしくなってきたっ。きらーん。
2008/02/12
● ミクシー
最近、現実の友人でミクシーに登録している人を発見


今まで現実の友達はほぼアナログな人だったので(携帯すらもたない人もいる)、なんとなく私の中には「現実の世界」と「ネットの世界」なんてものが自然にわかれて存在していた。

でも、いつも行くお店に「地方発送してますか?」とか「ネットで見た○○というメニューをお願いします(そんなメニューはない・汗)」なんていうお客さんがずいぶん増えた。

ここの店のオーナーはネットで店の宣伝をしている訳でもなく、パソコンも持っていないし携帯も持たない人だ。だから、ネットで噂というか話題になった為。

時折「ネットで・・・・」というお客様に、ただ目を白黒させている。





私もミクシーに登録しているが、最近は夕食の支度ぎりぎりまで写真撮りに行ってたり、そうでなくても家にいるのが苦手なのでたいがい外に出てしまいほとんど更新していない。


そうねえ、またミクシーをしてみようかしら(?)

んんん、よし、ミクシーで友達を探そう!と、検索してみたら、あらまあ、年齢・名前・出身地・現住所等で検索しても検索結果数が200件だって出てきた(笑

本人とアドレスとかIDを交換すればいいのだけれど、検索してこんなに見つからないとは思わなかった。


いつも行くお店でよく会うS君は、ミクシーの中では見つけることができなかった。



なんだかめちゃめちゃ不思議な気分だ。
前ページ
次ページ